Home > アーカイブ > 2012-06

2012-06

スポンサーリンク

バロテッリ2発!イタリアが2-0でドイツを下す EURO2012準決勝

ついにバロテッリが2発爆発!
ユーロ2012イタリア対ドイツはイタリアが2-1で勝利しました。

下馬評では「ドイツ有利」の見方が圧倒的だっただけに、このレベルの戦いとなるとまさに何が起こるかわからないと感じた試合でした。

公式戦15連勝で挑むドイツは44年ぶりの優勝を目指すイタリアと対戦です。
ドイツは親善試合以外の試合(EURO、ワールドカップ)でイタリアに勝ったことがありません。初勝利を挙げて12年ぶりの決勝進出を果たすことができるのか、が見どころでした。

では、試合詳細をどうぞ。

「バロテッリ2発!イタリアが2-0でドイツを下す EURO2012準決勝」の全文を読む

セルヒオ・ラモスもPKでチップキック(パネンカ)! ユーロ2012

セルヒオ・ラモスもPKでチップキック(パネンカ)を魅せてくれましたね。
ユーロ2012準決勝スペイン対ポルトガル。
両者譲らず0-0のままPK戦に突入しました。

スペイン先攻でPKは開始しました。
1人目スペインのシャビ・アロンソ、ポルトガルのジョアン・モウティーニョが失敗。
続いて2、3人目の両国のキッカーがそれぞれ成功しました。

セルヒオ・ラモスはスペインの4人目のキッカーとして登場。
ここで落ち着いてチップキック(パネンカ)を決めてみせました!

チップキックは先日の準々決勝イタリア対イングランドのカードにてイタリア代表ピルロがPKで魅せ、話題になったばかり。

イタリア代表のように劣勢からのチップキックではなかったので、現段階ではピルロほど話題になっていませんが、重要な場面でした。

セルヒオ・ラモス自身、PKには思い入れがあるようです。
4月に行われたレアル・マドリードとバイエルン・ミュンヘンの欧州チャンピオンズリーグ準決勝でPKを失敗しました。
それが理由で「PKを蹴る心構えができていないと」批判する人がいましたが、それを覆すためにもう1度挑戦したかったとのこと。

だからといって、わざわざこんな重要な場面を選ばなくても・・・と思いましたが、無事決まってホッとしたスペインファンの方も多いのではないでしょうか?というか大多数ではないでしょうか?

チップキックは蹴る前から狙っていて、リスクは高いことは当然本人も理解していたようです。
あのキックって、決まれば超クールですが、失敗してしまうと「おふざけPK外しやがって」と叩かれ続けること間違いなし!だと思うんです。

それを最初から狙っていたとは、相当な覚悟が必要ですよね。

この結果により、決勝戦はスペイン対(ドイツ対イタリアの勝者)となりました。
どちらが勝ち上がってきても盛り上がること間違いなしですね!

準決勝ドイツ対イタリアは6月28日27:30から地上波TBSにて放送されますので、眠たい目をこすりながら応援しましょう!

EURO2012 決勝トーナメント組み合わせおよびEURO2012の放送日程(決勝トーナメント)とあわせてご覧下さい。

EURO2012 準決勝の組み合わせ日程と放送予定

EURO2012 準決勝の組み合わせと放送日程を紹介したいと思います。

ポルトガル対スペイン

準々決勝でクリスティアーノ・ロナウドのダイビングヘッドでチェコに競り勝ったポルトガルと
フランスに圧勝したスペインが激突します。スペインは再び「ゼロトップ」布陣で挑んでくるでしょう。

日程・放送予定

日時
6/27 27:45~
放送予定
WOWOW 27:30~放送予定

ドイツ対イタリア

ここまで圧倒的な強さを誇るドイツと、ピルロのPKから流れを変え運をものにしたイタリアが激突します。「カテナチオのイタリア」ではなく、スペインのようなパスサッカーを披露したイタリアが、攻撃的なドイツにどう挑むのかが見どころではないでしょうか。
この試合は地上波(TBS系列)で放送されるようですね。

日程・放送予定

日時
6/28 27:45~
放送予定
WOWOWとTBS ともに27:30~放送予定

ピルロPK、チップキックヤバすぎ!

ピルロのPKチップキックヤバすぎ!
皆さんはユーロ2012イタリア対イングランド戦、見ましたか?
僕の感想としては「90分間で決め切れなかったイタリア、凌ぎ切ったイングランド」を印象を受けた試合でした。

開始早々3分のデ・ロッシのあのダイレクトボレーシュート。決まれば今大会ベストゴールじゃないの?というくらい綺麗なシュートがポストを叩いたシーンで始まり、イタリア勝つんじゃない?という雰囲気が高まりましたね。

前半に何度かイングランドもチャンスを作りましたが、後半に入ってからもイタリア攻勢の流れは変わらなかったように思います。

「カテナチオの国」というイメージとはほど遠い、スペイン代表のようなパスサッカーを披露したイタリア代表のサッカーが見ていて楽しかったです。

試合はPK戦へ。そしてピルロのPK

延長戦を通して決着がつかずPK戦へ。
イタリアは2番目のキッカー、リッカルド・モントリーヴォの失敗でリードを許しましたが、次3番目で登場したアンドレア・ピルロが芸術的PKチップキック(パネンカ)を披露してくれました。

リードを許している状況で、あのキックが蹴れるなんて凄いですよね。
本人曰く、「ジョー・ハートはかなり気負っていた」とのことです。気合が入って我慢できずに右か左に飛ぶことを冷静に予測していたようです。

これで流れが変わったかのように、イングランドは失敗&ブッフォンのセーブで阻止されます。
イタリアは最後のキッカー、アレッサンドロ・ディアマンティが冷静に決め、勝負をものにしました。

これで準決勝はイタリア対ドイツ(6/28 27:45~)ですね。
どちらも攻撃的なチームですので、非常に楽しみな試合です!

EURO2012 決勝トーナメント組み合わせおよびEURO2012の放送日程(決勝トーナメント)とあわせてご覧下さい。

スペイン フランスを2-0で下しベスト4進出!

EURO2012、準々決勝スペイン対フランスは2-0でスペインがベスト4進出を決めました。

引用元:スポーツナビ

EURO2008、南アフリカ・ワールドカップを制して優勝候補本命として今大会に臨むスペインと、公式戦では5勝1分けと一度もスペインに敗れていないフランスの対戦。スペインはセスクを“偽9番”とするシステムを採用し、シャビを中心とするパスを回しからゴールを狙った。

引いて守るフランスを前になかなか活路を見いだせなかったスペインだったが、19分にゴールをこじ開けることに成功。左サイドを抜け出したジョルディ・アルバのクロスから、この一戦が代表100試合目となるシャビ・アロンソがヘディングシュートでネットを揺らした。

シャビ・アロンソ、「ド」フリーでしたね。チェコ対ポルトガル戦でクリスティアーノ・ロナウドが見せたダイビングヘッドといい、お手本となるようなヘディングがお見事でした。

引用元:サッカーキング

スペインは後半ロスタイムにPKを獲得。これをシャビ・アロンソが確実に決めて止めを刺した。代表通算100試合目で2ゴールを挙げたシャビ・アロンソの活躍もあり、スペインが史上初の大会連覇に向けて一歩前進している。

この試合結果によって、準決勝でスペインはポルトガルとの対戦が決定。
リーガ・エスパニョーラで鎬を削っているクリスティアーノ・ロナウドをどう封じるのか見ものですね。

EURO2012 決勝トーナメント組み合わせおよびEURO2012の放送日程(決勝トーナメント)とあわせてご覧下さい。

EURO2012準々決勝 ドイツ4-2でギリシャを下しベスト4進出!

EURO2012、準々決勝ドイツ対ギリシャは4-2でドイツが勝利し、ベスト4進出を決めました。
2失点を許してしまったものの、やっぱりドイツは強い!という印象を受けましたが、皆さんはいかがでしたか?
「EURO2012準々決勝 ドイツ4-2でギリシャを下しベスト4進出!」の全文を読む

EURO2012準々決勝 チェコ対ポルトガルの結果

EURO2012準々決勝のチェコ対ポルトガルの結果は1-0でポルトガルが勝利しました。

79分、0-0の均衡を破ったのはクリスティアーノ・ロナウド。
ボールをキープしたところで右サイドをモウティーニョがオーバーラップ。クロスを入れるとゴール前、ナニの先にクリスティアーノ・ロナウドが飛び込みヘディングでゴールネットを揺らしました。

これはチェコのGKチェフもさすがに取れません!という「叩きつける」ダイビングヘッド。
ゴール後のカメラに向かっての投げキッスパフォーマンスをしたあたり、非常に嬉しかったのでしょうね。

逆にチェコ。
46分、クリスティアーノ・ロナウドのシュートはポストに当たり助けられ、
64分のモウティーニョのダイレクトでシュートをチェフが弾き、
73分にはラウル・メイレレスのシュートも枠を超えて何とか凌ぎ切れるかと思われましたが・・。

やはり最後はクリスティアーノ・ロナウドに決められてしまいましたね。

これでポルトガルはベスト4進出。
6/27にスペイン対フランスの勝者と戦います。

EURO2012 決勝トーナメント組み合わせおよびEURO2012の放送日程(決勝トーナメント)とあわせてご覧下さい。

EURO2012のTBSのテーマ曲(主題歌)はleccaのTODAYらしい

EURO2012のTBSのテーマ曲(主題歌)を気になっている方も多いのではないでしょうか?あのテーマソングはleccaの「TODAY」(トゥデイ)という曲らしいです。

連日盛り上がりを見せているEURO2012。
決勝トーナメントに突入し、残る試合もあとわずか。
前回王者のスペインの連覇か、あるいはポルトガル、フランス、ドイツ、イングランド、イタリアか(6/23現在)試合の行方から目が離せませんね。

そのテーマ曲を歌うleccaとは?

「EURO2012のTBSのテーマ曲(主題歌)はleccaのTODAYらしい」の全文を読む

EURO2012の放送日程(決勝トーナメント)

EURO2012の放送日程(決勝トーナメント)を紹介します。
先日組み合わせが決まり、いよいよ本日6月21日深夜からWOWOWと地上波TBSで放送されます。(時間は全て日本時間表記)

地上波TBSの放送は赤字で表記していますので参考にして下さい。

「EURO2012の放送日程(決勝トーナメント)」の全文を読む

EURO2012 決勝トーナメント組み合わせ

今更ですが、EURO2012の決勝トーナメント組み合わせを紹介したいと思います。
皆さんが応援している国は決勝トーナメント進出を果たせましたか?

ここから先はグループリーグを勝ち抜いた強豪国同士の一発勝負。
運も審判の判定も試合結果に大きく影響を及ぼすでしょう。

それでは、改めて、決勝トーナメントの組み合わせをどうぞ。

「EURO2012 決勝トーナメント組み合わせ」の全文を読む

本田圭佑、新宿近視クリニックで近視矯正レーシック手術!

サッカー日本代表本田圭佑(CSKAモスクワ)が新宿近視クリニックの「iDesignレーシックパーソナルカスタマイズ」で近視矯正レーシック手術を受けていたそうです。

精密検査の結果は両目とも0.4。それが手術後には両目とも2.0にまで回復したそうです。
(ちなみに僕の中での視力2.0の位置付けは、完璧な人の視力というイメージです。実際はわかりませんが。)

それにしても日本代表やCSKAモスクワで活躍する本田圭佑ほどのトップアスリートが視力0.4だったとは驚きですよね。

「本田圭佑、新宿近視クリニックで近視矯正レーシック手術!」の全文を読む

大阪マラソン2012、抽選結果発表(当選・落選)!本日6月20日より

大阪マラソン2012の抽選結果発表(当選・落選)が本日6月20日より申込者全員に通知されます。倍率は約5倍。

第2回大阪マラソン(平成24年11月25日(日)開催)に参加する3万人を、申込者155,482人の中から厳正なる抽選によって決定されるそうです。

当選の場合、
「平成24年4月5日から5月7日の募集期間にて定員を大幅に超える申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました。」
という通知が来るそうです。
なんともモヤモヤした当選通知ですね。

5倍の抽選で当選したのだから
「おめでとうございます!当選です!」
と、大袈裟にでも「運」を喜んでほしいものです。

「大阪マラソン2012、抽選結果発表(当選・落選)!本日6月20日より」の全文を読む

(EURO2012)スウェーデン対フランス、イングランド対ウクライナの結果

EURO2012グループD最終節、スウェーデン対フランス、イングランド対ウクライナの結果をまとめてどうぞ。

スウェーデン対フランスの結果

引用元:スポーツナビ

スウェーデン対フランスは2-0でスウェーデンが制した。フランスはイングランドに抜かれ、同グループを2位で通過。ベスト8ではグループC首位のスペインと対戦する。敗退が決定していたスウェーデンは、意地の同大会初勝利となった。

イブラヒモビッチが「らしい」1発。意地を見せてくれたようですね。すでに敗退が決まっていたにも関わらず最後まで闘い抜く姿勢は素晴らしいと思います。

イングランド対ウクライナ

引用元:スポーツナビ

イングランド対ウクライナの一戦は、1-0でイングランドが勝利した。イングランドはグループ首位で準々決勝進出が決定。ウクライナは敗退が決まっている。

出場停止明けのルーニーが魅せてくれました。やはりこういう大物選手は結果を残しますね。

「幻のゴール」もありましたし、シェフチェンコが先発出場していたらもっと面白い試合になっていたと予想できただけに残念です。

決勝トーナメント組み合わせが決定しました。
EURO2012 決勝トーナメント組み合わせおよびEURO2012の放送日程(決勝トーナメント)とあわせてご覧下さい。

(EURO2012)クロアチア対スペインの結果・速報

EURO2012グループC第3節、クロアチア対スペインは1-0でスペインが勝利しました。
これによりスペインは勝ち点7でグループCの首位通過が決定、クロアチアは3位転落となりグループリーグ敗退が決定しました。

では、試合経過をどうぞ。

「(EURO2012)クロアチア対スペインの結果・速報」の全文を読む

イタリア対アイルランドの結果・速報(EURO2012)

ユーロ2012グループC最終節、イタリアとアイルランドが対戦。2-0でイタリアが勝利し、決勝トーナメント進出を決めました。

決勝トーナメント進出には「勝利が絶対条件」のイタリア。対してグループリーグ敗退がすでに決まっているアイルランド。そのモチベーションは歴然かと思いきや、イタリアにとって苦しみながらの勝利となりました。

では、試合経過をどうぞ。

「イタリア対アイルランドの結果・速報(EURO2012)」の全文を読む

スウェーデン対イングランドの結果(EURO2012) 3-2でイングランドが勝利

EURO2012グループD第2節、スウェーデン対イングランドが行われ、イングランドが打ち合いの末スウェーデンに3-2で勝利しました。
両チーム合わせて5得点が生まれ、サッカーファンにはたまらない白熱した試合展開となりました。

「スウェーデン対イングランドの結果(EURO2012) 3-2でイングランドが勝利」の全文を読む

EURO2012スペイン対アイルランドの結果 トーレス2ゴールなどでスペインが圧勝!

EURO2012は6月14日、スペイン対アイルランド(グループC第2節)が行われ、スペインが4-0で圧勝しました。
前試合で幾度と無くビッグチャンスを逃したフェルナンド・トーレスが2得点と活躍!

スペインは初戦のイタリア戦では「ゼロトップ」でフェルナンド・トーレスはベンチスタートでした。
しかしこの試合はセスク・ファブレガスをベンチに置き、フェルナンド・トーレスをスタメン起用。1トップに変更して試合に望みました。

「EURO2012スペイン対アイルランドの結果 トーレス2ゴールなどでスペインが圧勝!」の全文を読む

EURO2012順位表・結果(グループリーグ)

EURO2012のグループリーグ順位表・結果です。上位2チームが決勝トーナメントへ進出します。順位表を随時公開していますのでご覧下さい。

「EURO2012順位表・結果(グループリーグ)」の全文を読む

オーストラリア代表FWケーヒル(エヴァートン)、本田とやり合うも日本を賞賛


強豪ブラジル、イタリア、メキシコと対戦!
[最新]コンフェデ杯のテレビ放送予定(地上波フジテレビ・NHKBS1)と日程
もあわせてご覧下さい。

オーストラリア代表FWケーヒル(エヴァートン)が、昨日(6月8日)のワールドカップブラジル大会アジア最終予選の日本戦後に「今日はとても良い結果だったと思います。日本はアジアの中でトップチームだと思います。そして、日本とオーストラリアがこのグループの上位2チームだと思います。」というコメントを残したそうです。

幾度と無く日本を苦しめてきたケーヒル。昨日もパワープレーで体の強さと高さを存分に活かし、何度も日本ゴールを脅かしました。試合途中では本田圭佑とのマッチアップでかなりバチバチとやりあっていましたね。

イカツイ体にあの腕。
多くの方はビビってしまいそうなところですが、さすが本田。対等どころか更に突っかかっていきそうな闘志を見せてくれました。

しかし、試合終了後には本田にユニホーム交換を求めて軽く言葉をかけていたあたりはスポーツマンシップにのっとっていて爽やかなシーンでもありましたね。

オーストラリア代表FWティム・ケーヒルについて

イングランドプレミアリーグ・エヴァートンFC所属の選手。
攻撃的MFとFWをこなします。

ゴール後のコーナーフラッグへのシャドーボクシングパフォーマンスが有名。

2006年のドイツワールドカップの日本戦後半では53分から途中出場し、84分と89分に立て続けにゴールを決め逆転勝利の立役者となった選手です。

ああ見えてもしっかりと相手に敬意を払い、まさに「スポーツマン」らしい選手です。

アジア最終予選の詳細については、サッカー日本代表W杯アジア最終予選の順位表と日程(グループB)をご覧下さい。

サッカー日本代表対オーストラリア戦の速報・結果(W杯アジア最終予選)

勝てばW杯出場確定!3月26日サッカー日本代表対ヨルダン戦のテレビ放送時間が決定!もご覧下さい。

サッカー2014年ワールドカップアジア最終予選、日本対オーストラリア戦の速報・結果です。
両国ともに退場者が出た激しい試合は1-1の引き分けという形に終わりました。

後半ロスタイム、日本の絶好の位置でのラストチャンスとなるであろうフリーキックを蹴る前に終わらせてしまうという、前代未聞のかつ「これって、ありですか?」的な主審の判定もあり、日本は勝ち越し点を奪えずに試合終了しました。

それにしてもオーストラリア代表のFWケーヒル番長相手に一歩も引かない、いや勝っていたであろう本田圭佑の気迫にあっぱれを送りたい!

平均視聴率は35.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。3日のオマーン戦の31.1%、8日ヨルダン戦の31.6%を上回り、今年の地上波で放送された全番組の中で最高視聴率だったそうです。

では、試合の経過・速報をどうぞ。

「サッカー日本代表対オーストラリア戦の速報・結果(W杯アジア最終予選)」の全文を読む

スポンサーリンク

Home > アーカイブ > 2012-06

スポンサーリンク

このサイトについて
サッカー情報GLはサッカー情報(日本代表・海外日本人選手・ワールドカップ・オリンピック・海外サッカー・UEFAチャンピオンズリーグ)をお届けしています。
サイト概要
フィード

このページの先頭へ戻る